学校での与薬について

 学校における薬の取り扱いについては、下記の通りといたします。

 ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

(1)日本における与薬について

  日本では、学校においては与薬しない、又は学校にて与薬が必要な場合は、与薬依頼書等 を

 提出していただき、校長判断で薬を服用するというような学校もあります。加えて、薬を服用

 後に様態が急変する可能性を考慮し、保健室で様子をみる場合、養護教諭が付き添う対応をしま

 す。

(2)スペインにおける与薬について

  スペインの学校においても、学校において与薬は行いません。学校において与薬が必要な場合

 は、医師の診断書と処方箋(コピーでも可能)を学校に提出し、学校に滞在する期間中に薬を服

 用する際に教職員が立ち会うということが可能です。
 学校の救急箱には、ケガの消毒剤とパラセタモール(アセトアミノフェン)解熱鎮痛剤などは常

 備されていますが、この鎮痛剤の与薬については、保護者に事前に確認を取り事情を説明し、与

 薬を保護者からメールなどの文書で指示許可された場合のみ行うとしています。

(3)本校における与薬と予約後の休養について  

  ● 与薬依頼書の提出 について

  (1)(2)を踏まえ、下記よりダウンロードいただける「与薬依頼書」をご提出ください。

 <保護者記載欄>

  病院名、診断名、与薬期間、薬の名前、薬の内容(何の薬か)薬の種類(内用薬・外用薬)

  与薬時間、特記事項 (飲ませ方・外用薬の塗り方など)

 <学校記載欄>

  投与者(担任)サイン、与薬日時

 <留意事項>

  ・ 学校での与薬は、医師から処方された薬に限ります。 保護者の判断で与薬している薬に

   ついては、学校では 取り扱いません。また、市販の薬はお預かりできませ んので、ご了承

   ください。

  ・ 薬剤情報提供書(薬の説明書)がある場合は、コピー して一緒にご提出ください。

   加えて処方箋のコピーもご提出ください

  

   ● 学校における与薬後の休養について

    前述の通り、薬の服用後、お子さんの様態を観察する必要があります。保健室に一人で寝

   かせておくことは心配です。本校には養護教諭がいないため、教室での休養を基本としま

   す。

​  「与薬依頼書」は、下記よりダウンロードいただき、

  お子様を通し、担任教員にご提出をお願いします。

​ 

​   

​編入お手続き関連リンク

幼稚部のご案内

WEBポリシー