​学校生活 日本人学校の教育について

​平成29年度学校行事の紹介

​第32回入学式が行われました。小学部2名、中学部6名の元気な子どもたちがバルセロナ日本人学校の一員となりました。入学式では堂々とみんなの前で抱負を発表することができました。

小学部の遠足でコロニアグエルに行きました。講師に田中裕也さんをお迎えし、教会とコロニー内の見学とワークショップを行いました。世界遺産でもある教会で絵を描いたり合唱をしたりと貴重な体験をすることができました。

 イシドロ校との交流学習を行いました。スペイン語で自己紹介をしたり、日本の「子どもの日」について教えてあげたりしました。一緒に作った兜を使ってゲームをしたり、歌を歌ったりして楽しく交流することができました。

 小学部1・2年生と幼稚部の子どもたちが「ラ・グランハ」に行ってきました。たくさんの動物とふれあったり,魔法の森の探検,馬車体験をしたりしました。動物に接する貴重な機会になりました。

小学部1・2年生が、サン・クガット市内へ町探検に行きました。お店の中やモナステリオ(修道院)の様子をよく見たり、学習したスペイン語を使って質問したりして楽しく学習することができました。

小学部3年生がスーパーマーケットの見学に行きました。普段の買い物では見ることができない倉庫(バックヤード)や商品搬入口、お肉やお魚を保管しておく冷蔵庫や冷凍庫にも連れて行っていただき、貴重な経験になりました。

 バルセロナにある日産自動車工場と日本通運、港湾に社会科見学に行きました。社会科で学習したことを実際に見ることができ、子どもたちは大興奮でした。働いている方の思いも聞くことができ、充実した社会科見学になりました。

バルセロナ水曜会・バルセロナ日本協会共催による第24回もちつき大会が本校で行われました。小学部1~4年生が合唱「四季の歌」を、5.6年生が太鼓演奏「鼓響 KOKYOU」の発表を行いました。中学部は、来場者の名前を半紙に筆で書くなど、それぞれが日本文化の良さを伝えました。

マラガイ校の児童が来校し、交流会を行いました。今までの交流会の経験やスペイン語の学習の成果を生かして積極的に交流することができました。今回は,お正月の遊びである福笑いをしたり,剣玉を作って遊んだりして楽しく活動することができました。

Please reload

中学部で校外学習に行きました。バルセロナ市内を生徒たちが考えたルートで歩きました。サグラダファミリア・サンパウ病院・バルセロネータ・ピカソ美術館など、バルセロナの魅力にたくさん触れた1日でした。

 「一致団結~優勝目指してベストをつくせ~」のテーマのもと、第32回運動会が日本人学校と日本語補習校との合同で行われました。子どもたちは、最後まであきらめず全力でがんばりました。

​ 小学部3・4年生で総合的な学習の時間に「ガスパチョ」と「トルティージャ」を作りました。スペイン料理を作ることを通して、スペインの食文化を学びました。最後にみんなで楽しくスペインランチを食べました。

小学部5年生から中学部3年生までの27名でヌリア渓谷へ宿泊学習に行きました。雄大な自然に囲まれた中で乗馬やアーチェリーなどのアクティビティを楽しみました。2泊3日の集団生活の中で社会性を養うこともできました。

3年生が浄水場見学に行きました。事前に学習したことを実際に見聞きしたり、スペイン語で働いている方に質問したりして、水の循環や資源の大切さについて、より深く学ぶことできました。

日頃、体力づくりの一環として行っている業間の5分間走の成果を発揮する場として、EUカップ(校内駅伝大会)行いました。子どもたちは6つのチームに分かれ、最後まで一生懸命走り抜き、たすきをつないだり大きな声で応援したりすることができました。

子どもたちは、各学級ごとに日頃の学習の成果を劇や演奏、パソコンによるプレゼンテーションなど様々な形式で発表しました。全校合唱の疲労もあり、子どもたちの生き生きとした姿が見られた素晴らしい発表会となりました。

小学部4・5・6年生がマラガイ校を訪問して交流学習を行いました。授業に参加して伝統的なスポーツや踊り、現地の芸術を体験しました。活動ではスペイン語を使ってたくさんの会話に挑戦するなど、充実した交流活動を行うことができました。

小学部の卒業生を送る会を行いました。子どもたちが考えたゲームや劇、歌で、6年生にこれまで小学部をリードしてくれた感謝の気持ちを伝えました。6年生からは太鼓の演奏と歌のお礼がありました。感謝と信頼の気持ちを一層深めたひとときでした。

Please reload

幼稚部のご案内

WEBポリシー