top of page

教育課程

Ⅰ 日課表

​  ・令和6年度日課表

 

Ⅱ 教育課程編成の方針

  1. 小学校および中学校学習指導要領に示す内容の趣旨をふまえ、学校の創意工夫と自主性・自立性をもって編成にあたる。

  2. 学校の教育目標をベースにした編成を考える。学校の教育目標である「自ら学び 心豊かで たくましい子ども」が達成できるように編成する。

  3. 習得・活用・探究の学習過程を大切にした学習指導の充実を図るために、授業改善及び指導方法改善の視点を明確にする。

  4. 「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善により、自ら学び、考え、解決しようとする意欲と学び方を育てる学習指導の充実を図る。

  5. 生活科、総合的な学習の時間、特別活動等において在外教育施設としての実態をふまえ、本校の創意工夫を生かした特色ある教育活動を創り出すようにしていく。

  6. 「特別の教科道徳」の指導の工夫を柱とし、道徳教育や体験活動の充実を図り、豊かな心をはぐくむ。

  7. 学校組織体としての指導体制や、学校運営委員会との連携・支援体制を整える。

  8. 児童生徒の主体的な活動を促していくことによって、自ら学び、自ら考え、判断し、表現する力の育成を図る。

  9. 行事及び特別活動の精選を行うことにより、本校の特色である外国語教育(英語、スペイン語)の指導時間を生み出すとともに、厳選された教科内容を学習するための時間を確保し、基礎的・基本的な知識・技能を習得させ、個に応じた指導を充実させる。

  10. GIGAスクールとして、タブレット端末の活用を通して、個別最適な学び、協働的な学びの資質・能力を育成する。

Ⅲ 特色ある教育活動(抜粋)

・外国語教育

 全学年にスペイン語活動を週1~2時間

 小学部3年以上に外国語(英語)を週1~2時間設定

・バルセロナでの校外学習、現地校との交流、バルセロナ自治大との交流

 各教科等の目標に照らし、現地スペイン並びに地元カタルーニャ州を題材とする教育内容を取り入れた国際理解教育、現地理解教育を実施

・カタルーニャの文化を取り入れた運動会、学習発表会

・芸術の日

 ミロ美術館、コロニア・グエル協会、カタルーニャ美術館、サン・パウ病院

 などの優れた美術館や建造物を見学

bottom of page